下ネタの上を目指す

ライブ映像を中心にコミュニケーションを取る『ライブチャット』。

男性側もマイクやカメラを用意すれば、テレビ電話のように楽しむことが出来ます。

もちろん従来のチャット同様、文字によるコミュニケーションも可能です。

さて、女の子とチャット―となると、気になるのは『エッチな会話』の可否。

ノンアダルトジャンルでは下ネタ程度しか楽しめませんが(中には拒否する女の子もいます。また利用規約の確認を行って下さい)アダルトジャンルの場合は徹底的に楽しむことが可能です。

とはいえ、女の子の気分は移り変わり易いもの。

より確実にエッチな会話を楽しみたい場合には、サイト備え付けのメッセージ機能で確認を取ってください。

良い返答の場合のみ、ログインしましょう。

基本的に、アダルトジャンルの女の子たちはエッチです。

そうした会話を楽しみたいと思っていますし、良い男性であればテレフォンセックスも楽しみたいと期待しています。

しかしながら、アダルトジャンルは利用料が高額です。

2014年現在は1分200円前後が相場となっています。

つまるところ、いかに早く女の子を“その気”にさせるかが勝負となります。

少しでも利用料を節約したい場合は、すでに“その気”になっている・なりかけている女の子のもとへログインしましょう。

この辺りは、待機画面をチェックすれば一目瞭然です。

余談ですが、男女の出会いを取り扱うコンテンツに付き物の厄介者『サクラ』は、ライブチャットに存在しません。

そのような事をせずとも、利用者・チャットレディーともに集まる良い流れが完成しているからです。

出会い系サイトのようにデートやセックスは期待できませんが、寂しい時間をどうにかしたい・エッチな気持ちを満たしたい場合には、非常に重宝しますよ。



You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.