交渉を仲介し和解を成立させる

紛争解決を公正・中立的な立場から行うというのもまた国民生活センターの役割の1つでもあるのです。

その手続きなどについても触れていきましょう。
紛争解決委員会が行う解決における手続きには「和解の仲介」と「仲裁」の2種類があります。
和解の仲裁とは、あっせんや調停のことを言います。

和解の仲介においては、仲介医院が当事者間の交渉を仲介し、和解を成立させてくれるのです。

こうすることで、紛争解決が行えますよね。

仲裁においては、仲裁医院が仲裁判断を行って、当事者がその仲裁判断に従うことで紛争解決を図るのです。
手続きの特色ですが、紛争解決委員会が行う手続きに関して「時効の中断」や「訴訟の手続きの中止」というものが付与されています。

これらは、法的効果があるものとなっています。

更には、相談処理では解決が困難であるといった場合にも、対応できるように、出席ですとか資料提出要求、業務履行の韓国などと行った手続きも備えているのです。

これらの特色を公正な判断で用いていくのです。
では、結果については公表されるのでしょうか。

答えから言うと「必要なとき」には結果概要を公表することもあるでしょう。

これは、国民生活がより安定できるように・向上するようにという部分に基づいています。

こうしたものの必要があると判断された時には公表を行うでしょう。
こうすることで、同種トラブルを未然に防止することも出来ますし、拡大というものも防止することが可能となるのです。

実際に、公表をすることでトラブルを防げたというケースは多々あるのです。

また、消費生活センターにおける相談解決などのためにも役立てています。
裁判をすぐにおこすというものではなく、第三者に関わってもらいながら解決を行う。

こうした基本的な理念が紛争解決においては掲げられています。

事例によっては、裁判を起すものではないということもありますよね。

しかしながら、トラブルをトラブルのままにしておくのは良くないことです。
そうした時に、このような仕組みが役立つわけです。