悪質な取り立てには支払う義務はない!

国民生活センターには、日々様々な情報・相談が寄せられています。

その時代だからこそといった相談もあるようです。

ここで具体的な事例をあげていきましょう。

先ずは「架空請求」です。

利用した覚えが無いアダルトサイトから数万円の請求をされたという事例。

請求書がはがきで届き、指定された銀行口座に振込みをするように記載されていました。

更には、支払いをしなければ自宅まで回収にいくと、脅迫的にも思えるような文言も記載されていたというのです。

情報量の支払い義務というものは、利用をしていないのであれば支払う必要は無いということです。

支払いと回収にくるなどといったことが書かれているため、恐怖心や不安感というものはあるかと思いますが、根拠無き利用料金と言うことですので、仮に遅延料金などと言う名目のものが追加されたとしても、支払いの義務は発生しないのです。
ですから放置をするというのが1番の得策です。

万が一、悪質な取立てなどが行われた場合には、警察に届けるという事もまた大切になってきます。

そうしたアクション対策のためにも、とどいたハガキは保管することが良いでしょう。

こうした事例は、インターネットの普及と共に増えているようです。

1度支払ってしまうことによって、次々と請求を受けてしまう可能性もあるのです。

絶対に支払いをしてはいけないのです。

これと合わせて、相手が知っていると思わしき個人情報以上のものを相手に知られないようにすることも大切だとアドバイスも添えられています。

そして最後まで自分ひとりで対応をするのではなく、警察に届けるというスタンスも考えておくという事もまた重要なのだという事が分かりますよね。

こうした事例についても、様々なケースのものが公表されていますので、相談などをする前にホームページでチェックして見るというのも良いかと思います。